ひとことじゃ言えない。
開催概要
千住 Art Path 2011

東京芸術大学千住キャンパスの学生(音楽環境創造科/ 大学院音楽音響創造・芸術環境創造) が企画・運営に携わり、自らの作品・研究成果を発表します。
学生の作品展示・研究発表の他、トークイベントやコンサートなどの企画もあります。

音楽環境創造科/大学院 音楽音響創造・芸術環境創造
東京藝術大学千住キャンパス制作・研究展

会期:2011年12月17日(土)・18日(日) 10時30分―18時

会場:東京芸術大学千住キャンパス *入場無料

(〒120-0034 東京都足立区千住1-25-1 北千住駅より徒歩約5分)

▲TOPへ戻る

委員長あいさつ

千住 Art Path 2011 開催にあたって

この〈制作・研究展〉は、東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科と、大学院音楽音響創造、同芸術環境創造に所属する学生(主に学部1〜3年生、修士1年生)が、この1年間の作品や研究について発表するものです。その「千住 Art Path」も、2006年に本学千住キャンパスが開設されてから、今年で6回目の開催となりました。

タイトルの「Art Path」には、この〈制作・研究展〉が「展覧会でもコンサートでもない『アートの小道』を表したい」という願いが込められています。その名のごとく、会場に並ぶ作品や研究は、シリアスであったり、ポップであったりと、学生1人1人でテーマ、スタイルも異なります。そのため、〈制作・研究展〉全体に、決まった見かたや聴きかたがあるわけではありません。会場を自由に回っていただき、これは、と思う作品や研究の展示をご覧ください。
芸術が多様化を極め、同時に音楽や美術、映像、舞台などの分野を超えた活動も盛んに行われている今、我々は、自らの作品や研究の本当の価値を見いだし、自分の力で磨き上げなければならないと感じています。観てくださったみなさまには、忌憚のないご意見、ご感想をお寄せいただければ、嬉しく存じます。

最後に、ご指導いただいた本学関係者の方々、毎年ご協力いただいている地元千住のみなさま、そして、当サイトにおいでくださったみなさまに、重ねて御礼申し上げます。

2011年11月                 千住 Art Path 2011実行委員長 礒﨑 祥吾

▲TOPへ戻る